ビルの省エネを考える~管理会社にレッツ確認~

作業員

企業のオートメーション化

オートメーションの注意点

ビル

時代変遷とともにネットワークや機械も進化しており、会社経営を効率良く行うため、あらゆるシステムが導入されています。その一つが自動制御システムであり、この機器を導入する事でこれまで以上の業績アップが期待できます。 自動制御システムはオートメーション化されているため、全てをコンピューターが管理しますが注意点があります。それはシステムの誤作動による自動制御の乱れや、状況変化を判断するのが得意ではない点にあります。手動の場合はシステムの誤作動が発生すればその場で処理すれば良い事ですが、自動制御の場合は自動的に処理されます。この時にその事実が会社側に伝わっていれば良いですが、伝わっていない場合は大変な事態を招く可能性もあります。

システムの特徴

社内管理を効率良く回すため自動制御システムは、状況を良く見て判断する賢い働きをします。自動制御システムの特徴をしっかりと把握する事で、最大限の働きを引き出せるよう事前に確認する事も大切です。 自動制御システムは電力で発動するため、常に電力には気を配る必要があり夏場は特に気をつけます。夏は社内でもエアコン使用量が上がるため、電力を通常の季節よりも多く使用する傾向があるので管理が大変です。ただ電力管理さえきちんと行っていれば、必要な時に必要な判断を自分で行うため手を出す必要は無いです。また自動制御システムはネットワークによる管理になるため、専門的知識を持ったエンジニアが担当します。最近は外部からの攻撃もあるため、セキュリティーを強化している自動制御システムが人気です。